【保存版】歯ブラシの正しい使い方と磨き方で輝く綺麗な白い歯へ

歯ブラシの 正しい使い方と磨き方

どうも、ゆうやです。

 

毎日当たり前のようにやっている、その歯磨きは自信をもって「正しいやり方」といえますか?

 

おそらく多くの人は自信をもって「正しい」といえる人は少ないと思います。

 

当たり前すぎて、「歯磨きのやり方なんて考えたことないよ!」という人もいるかもしれません。

 

なんとなく「こんな感じでしょ?」と適当に磨いていては、歯磨きの意味はほとんどありません。

 

実は、歯磨きを正しい磨き方で磨けば、お口のトラブルを防ぐことができるのと同時に、歯を白くすることができます。

 

今回の記事では、なんとなくの歯磨きを見直してもらい、輝く綺麗な白い歯を歯磨きで手に入れる方法をお伝えしていきます。

歯磨きをするメリット

僕たちにとって、歯磨きはたくさんのメリットがあります。

まず、歯磨きによってどんなことが得られるのかを見ていきましょう。

汚れを落とす

歯を磨けば当然歯の表面についている汚れを落とすことができます。
ツルツルな綺麗な歯を保つためにもしっかり汚れを落としましょう。

虫歯・歯周病の予防

汚れが落ちることで虫歯菌や歯周病菌も同時に除去します。
歯をしっかり磨けていれば歯医者さん知らずになれるかもしれませんね。

口臭予防

これは何の歯磨き粉を使っているかにもよるかもしれませんが、歯磨きをしっかり出来ていれば汚れや細菌を取り除くことができ、口臭の原因となる菌も歯磨きで取り除くことができます。

臭いを発する菌をお口の中から取り除けば当然口臭はなくなりますし、臭いを発することはありません。

歯の黄ばみ予防

歯は着色してしまうものです。

しっかり丁寧に歯磨きをしていれば着色してしまった歯の黄ばみはある程度は取り除くことができます(着色が長期間続いたものや経年による黄ばみは歯磨きだけで白くするのは難しい場合もある)。

エイジング効果

お風呂で歯を磨くとエイジング効果が期待できます。

気になる方はこちらの記事をどうぞ!

お風呂で歯磨きはアンチエイジング!?歯磨きでアンチエイジング!?お風呂でする歯磨きの驚きの効果

 

などなど、歯磨きひとつあげてもたくさんのメリットがあります。

 

しかし、これらのメリットは正しいやり方で歯を磨いた場合に手に入れられるメリットです。

 

なんとなくの歯磨きはもしかしたらデメリットを生む磨き方かもしれません。

 

それでは、これから一緒に見直していきましょう。

歯はなぜ黄ばむの?

黄ばみ

僕たち人間は、何かを食べないと生きていけません。

 

食べ物が黄ばみとなる原因を作っている要因の一つでもあります。

 

食べ物の中には着色しやすい成分を多く含んだ食べ物や飲み物が存在しています。

 

例えばコーヒー、紅茶、赤ワイン、カレー、チョコレート、緑黄色野菜など1日の内食べないことや飲まないことがほとんどないものばかりです。

 

歯のためだけに着色成分があるものを控えるのはなかなか難しいですよね。

 

僕たちは、知らず知らずのうちに食べたら食べた分だけどんどん歯を黄ばませていることがわかると思います。

 

黄ばませないためにも、食事をした後や寝る前には必ず歯を磨くことができれば着色による黄ばみを抑えることができます。

 

他にも、虫歯が原因で歯の表面が溶けて茶色くなったり、生まれつきもともと黄ばみがかった色をしていたり、タバコによるヤニの黄ばみ、加齢による黄ばみなど黄ばむ原因はいろいろあります。

歯磨きのタイミングはいつがベスト?

歯を磨くタイミングはいつが一番効果的かご存知ですか?

 

実は、歯磨きのタイミングがあるのです。

 

これに関してはいろんな意見があるようなのですが、僕がおすすめする歯磨きのタイミングは食事が終わってからの30分あとに磨くと一番効果的だと考えます。

 

なぜ食後30分がいいのかと言うと、食事をすると唾液がでますよね。

その唾液には消化酵素が含まれていて、食事中は少しお口の中が酸性に傾きます。

 

この酸性に傾いた時に、歯の表面にあるエナメル質(歯の表面を守っている組織)という組織が酸によって少し溶け出して薄くなります。

つまり、歯が一時的に傷つきやすい状態になっています。

 

そこに食後すぐに歯を磨いてしまうと弱くなっている歯を歯ブラシで擦ってしまい歯がどんどんもろくなってしまいます。

 

30分後はどうなっているのかと言いますと、溶けたエナメル質はまた再生をします。

 

30分で再生するわけではないのですが、食後30分もすれば酸性に傾いていたお口の中も元の状態にもどります。

 

お口の中が酸性になっていなければ歯の表面のエナメル質は溶け出すことはないのでしっかり歯を守ってくれます。

 

なので、歯磨きは食事が終わってから30分後に磨くのが一番よいと考えています。

 

ちなみに、30分後はどうなるかというと、食べかすがお口の中に残るのでそれを餌に細菌や虫歯菌などが増殖をし、口臭や虫歯の原因となる可能性が高くなるので食後30分後が厳しいようであっても歯磨きは忘れずに行ってくださいね。

歯磨き粉の選び方

歯磨き粉

普段どんな歯磨き粉を使っていますか?

 

歯を白くしたいならホワイトニング歯磨き粉を使用しましょう。

 

今では薬局やアマゾンなどたくさんのホワイトニング歯磨き粉が販売されています。

 

どれを使ったら本当に効果があるのか迷ってしまいますよね。

迷わないためにも大事なポイントさえ押さえておけば本当にこの歯磨き粉はいいものなのかを判断できます。

 

大事なポイントは、ホワイトニングに有効な成分がちゃんと入っているかをチェックすることです。

チェックするポイント

・歯の表面に付いた歯垢や着色汚れを除去してくれる成分は入っているか?

・ホワイトニング歯磨き粉を使用後歯垢や着色汚れを予防してくれる成分が入っているか?

・研磨剤の有無(研磨剤は入っていてもかまわないが、できれば避けたいところ。仮に入っていたとしてもその研磨剤が歯や歯茎を傷つかないように考えられたものであれば大丈夫)

 

歯に付いた汚れを除去する成分はポリリン酸ナトリウムが有効です。

汚れを防ぐ成分はフッ素が加工されているかどうかが重要となります。

このようにしっかり内容を確認して選ばないと、歯を磨いても一向に歯は白くなっていきません。

 

歯磨き粉の選び方は詳しくは別の記事で紹介します。

綺麗な白い歯にする正しい歯ブラシの使い方

歯ブラシの肌しい使い方

綺麗な白い歯を目指すなら歯ブラシの使い方もとても重要になってきます。

 

なんでもそうですがものは使いようによってとても有効的に使えます。

 

まずは、歯ブラシの持ち方から

 

一度、今歯磨きをするときどんな持ち方で歯磨きをしているのか思い出してください。

もしかして棒を持つように歯ブラシを持っている人がいたら注意してください。

 

その持ち方は正しい持ち方ではありません。

では、どんな持ち方が一番いいとされているのかといいますと、それは「ペングリップ」という持ち方です。

ペングリップ

文字通りペンを持つときみたいに歯ブラシを持って歯を磨きます。

なぜこの持ち方がいいかというと、力を入れすぎることがなくなるからです。

 

後から話す磨き方にもつながってくることですが、歯磨きでは力はほとんどいりません。

 

なぞっているだけでもしっかり汚れは落ちるからです。

 

力が入った状態で歯磨きをしていると歯や歯茎を傷つけてしまう可能性もあります。

今の歯ブラシはとても優秀なものばかりなので、力を入れなくてもしっかり磨かれます。

 

今日から「ペングリップ」を是非試して毎日歯磨きをしてみてください。

綺麗な白い歯にする正しい歯磨きの仕方

綺麗な白い歯にするためには歯磨きの仕方がとても重要になってきます。

こちらも是非、確認しながら見直していきましょう。

ブラッシング圧

先ほど少し触れましたが歯ブラシが歯に当たる力加減です。

歯医者さんで推奨されているブラッシング圧は100g~150gと言われています。

これは、歯ブラシの毛先が広がらない程度の力です。

基本的に歯ブラシは毛先でしか汚れを落としてくれません。

しっかり汚れを落として綺麗な白い歯にするにはペングリップの持ち方で毛先だけが歯に当たっているブラッシング圧で磨いていきましょう。

歯磨きの仕方ポイント

今からお伝えするポイントをさえ押さえておけば歯はしっかり磨かれ綺麗な白い歯を手にすることができます。

 

・力を入れず歯ブラシの毛先で磨く

・しっかり鏡を見ながら1本1本確認しながら磨く



歯はとても小さい上、隙間がたくさんあります。

見落としがあったりするとそこから黄ばみなどの原因を作ってしまう場合があるので注意してください。

 

・奥歯などのさらに細かいところは入念に磨く
・歯ブラシを動かす際は細かく振動させるイメージで磨く。

 

以上のことを頭に入れながら歯を磨くと磨き残しもなく綺麗な白い歯を手に入れることができます。

是非、次の歯磨きから4つのポイントを意識して磨いてみてください。

まとめ:1日1回、丁寧な歯磨きをする

いかがだったでしょうか。

 

聞けば当たり前のことばかりですよね。

 

でも、僕たちは知らず知らずのうちに歯磨きをどんどん雑にしてしまい、簡単に済ませようとします。

毎回このように「丁寧に磨きなさい!」と言っているわけではありません。

 

朝とかはバタバタしてしまいそんな時間もないと思います。

 

せめて夜寝る前だけは4つのポイントを意識して磨いてみてください。

 

1日1回、丁寧に磨くだけでも全然違います。

 

永久歯は生え変わりません。

もう少し歯を大事にして汚れのない綺麗な白い歯を手に入れていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です