歯の色で人生は変わる!?歯の黄ばみを落とす方法とその原因とは?

歯の黄ばみを落とす方法とその原因

こんにちは、ゆうやです。

 

最近、鏡を見るたびに歯の色が気になっていませんか?

 

歯の黄ばみは、一度気にしてしまうと気になり続けてしまいますよね。

 

そんな歯の色を気にした、生活は送りたくはありませんよね。

 

「安心してください!」

 

歯の黄ばみは解決することができます。

 

こちらの記事では黄ばみの原因と具体的な歯の黄ばみを落とす方法をご紹介していきます。

歯の色が与えるあなたの印象は人生を大きく左右する!?

黄ばみの比較 あなたはどっち? 

歯はあなたの印象に大きな影響を与えます。

 

黄ばんだ歯は、あなたにとってマイナスな影響を及ぼします。

 

私たちは、必ず自分以外の人と接しながら生活を送っているので印象はとても大切です。

 

黄ばんだ歯が与える印象と綺麗な歯が与える印象を比べてみて、どっちがいいかを改めて確認していきましょう。

黄ばんだ歯が与える印象

歯の黄ばみはあなたの印象に大きく影響してきます。

 

・実年齢より歳をとって見られる。

・不潔感。

・私生活が乱れてそう。

・不健康そう。

 

など、実際そうではなくてもそのようなイメージを持たれてしまうのが事実です。

綺麗な歯が与える印象

逆に、透明感あるキレイな白い歯は好意印象を相手に与えます。

 

・実年齢より若く見られる

・清潔感があってさわやか

・肌の色が明るく見られる

・健康的

 

などです。

 

あなたはどっちの自分がいいですか?

歯がキレイな方があなたに与える影響はプラスになります。

現在歯の黄ばみが気になっているなら後回しにせず、これからご紹介する歯の黄ばみを落とす方法を行って綺麗な歯を目指してください。

歯が黄ばむ原因

歯が黄ばむ原因は人によって違う場合があります。

黄ばむ原因によって対処する方法などが変わってくるので一つ一つ見ていきましょう。

着色からの黄ばみ

歯の着色からの黄ばみ

歯が黄ばむ原因の一つとして着色から黄ばむことがあります。

 

歯の着色は食べ物や飲み物などでステインという汚れが歯に付着して黄ばみを発生してしまいます。

 

ステインは食物中に含まれるポリフェノールと唾液中のたんぱく質が結びついて発生する歯の汚れです。

ポリフェノールを多く含むものとしては、コーヒー・赤ワイン・紅茶・緑茶・チョコレート・カレーライス・ブドウなどがあります。

服に付いたら落ちにくいものをイメージしていただけたらいいと思います。

 

ステインは一度ついてしまうと水に溶けない為、簡単には落ちなくなってしまいます。

また、ポリフェノール以外でもタバコのヤニなどは粘着力が高いため直接歯の色素にしみついてしまい頑固なステインとなります。

 

ステインやヤニは付着して、ある一定時間経つと歯の表面にあるエナメル質の中まで浸透してしまうため、歯磨きだけでは落ちなくなってしまいます。

 

そして歯の黄ばみに変わってしまいます。

老化からの黄ばみ

歯の黄ばみの原因は食べ物や飲み物だけではありません。

 

加齢による歯の変色であったり、象牙質が一般的な色より黄色いと黄ばんで見えたりします。

 

加齢による黄ばみは一言でいうと老化です。

 

歯は年齢を重ねると黄ばんできたり、黒ずんだりしてきます。

 

なぜ歳をとると変色してくるかというと、歯の表面にあるエナメル質は加齢とともにすり減って薄くなってきます。

その半面、エナメル質の中にある象牙質は加齢とともに層が厚くなり色が濃くなってきます。(エナメル質は半透明な組織で象牙質はもともと黄ばみがかっている色をしています。)

 

なのでエナメル質が薄くなればその中にある象牙質の色をよりはっきりさせてしまい、逆に象牙質はどんどん色が濃くなるので歯の黄ばみが目立ってきてしまいます。

 

他にも歯の神経が死んでいると透明感が失われ、黒ずんだ暗い色になってしまいます。

 

これが加齢による歯の黄ばみの原因です。

歯の黄ばみを落とす方法

先ほど歯の黄ばみの原因でお伝えしましたが黄ばみは歯磨きだけではなかなか落とすのは大変です。

 

かといってあきらめたくはないですよね。

 

ここからは、一度ついてしまった歯の黄ばみを落として綺麗な歯を取り戻す方法をご紹介していきます。

歯のクリーニング

歯のクリーニングは歯科医院で行われる歯のお掃除です。

 

歯に付いた汚れを効率よく手っ取り早く落として綺麗にする方法です。

 

歯のクリーニングは歯についている歯石・歯垢・色素をキレイに取り除いてお口の中を清潔な状態に保つ治療法です。

 

なので、手っ取り早く黄ばみを落としたい人は歯科医院で歯のクリーニングをするといいかもしれませんね。

 

歯のクリーニングは歯科医院によっては保険が適用されるので費用も抑えることができて、黄ばみを落とすことができるオススメな方法です。

ホワイトニング歯磨き粉

こちらは自分でできる黄ばみを落とす方法です。

 

毎日使っている歯磨き粉をホワイトニングの歯磨き粉に変えればいいだけなので簡単にできる黄ばみの落とし方です。

 

ただ、簡単にできるけどいくつか注意点があります。

それは、歯磨き粉の選び方です。

 

ホワイトニング歯磨き粉なら何でもいいわけではありません。

 

選び方を間違えてしまうと歯を傷つけてしまう可能性や逆に着色を悪化する可能性があるので適当に選ぶのではなく、今からお伝えすることをチェックしてホワイトニング歯磨き粉を選んでいきましょう。

ホワイトニングに有効な成分をチェック

歯に着いてしまった汚れや着色をしっかりとってくれる成分

 

ポリリン酸ナトリウム

ハイドロキシアパタイト

フッ素

 

などがホワイトニングに有効とされている歯磨き粉の成分です。

研磨剤の質

ホワイトニング歯磨き粉には研磨剤が入っています。

 

研磨剤自体は問題ないのですが質が大切です。

 

選び方のポイントは、歯を傷つけないように考えられた研磨剤が使用されているかどうかや必要以上に研磨剤の量が入っていないことです。

 

質の悪い研磨剤が入っていると歯磨きをするたびに歯や歯茎を傷つけてしまいよくありません。

 

歯に傷がつくとその傷の中に汚れが入り更に歯が黄ばんでしまうので十分注意したいところです。

 

歯医者さんやドラッグストアの人、もしくはメーカーのHPを見てしっかり確認してみることをおすすめします。

 

以上の2点に注意してホワイトニング歯磨き粉は選んでみましょう。

丁寧なブラッシング

ホワイトニング歯磨き粉を使えば歯の黄ばみがキレイに落ちるわけではありません。

 

歯1本1本丁寧に磨いてこそ歯の黄ばみや汚れが落ちるものです。

 

歯ブラシの毛先で力を入れずに丁寧に磨いていきましょう。

歯の消しゴム

歯の消しゴムとは、文字通り歯に着いている汚れを消しゴム感覚で落としていく方法です。

 

シリコンでできたパーツと研磨剤がセットになっているもので、研磨剤を歯に塗ったあとから消しゴムのように歯をゴシゴシ磨いていくものです。

 

こちらもホワイトニング歯磨き粉同様、研磨剤を使用するので注意が必要になってきます。

 

しっかり調べたうえで歯の消しゴムを購入してください。

 

歯の消しゴムは今では、Amazonや楽天、ドラッグストアや歯科医院で1,000円前後くらいで販売しています。

 

比較的に身近な黄ばみ落としです。

ホワイトニング

ホワイトニングは黄ばみを落とすだけではなく歯自体を白くキレイにしていく方法です。

 

歯の色を気にされているあなたは、一度は考えたことがあると思います。

 

ホワイトニングは主に歯科医院で行うことができます。

 

しかし、最近では歯科医院だけではなく美容目的で行う美容ホワイトニング(セルフホワイトニング)があります。

 

歯科医院のホワイトニングより低価格・短時間でできるので今人気が出てきているホワイトニング方法です。

 

歯科医院のホワイトニングに抵抗のある方は、美容サロンなどの美容ホワイトニングを試しに行ってみるといいでしょう。

老化が原因で黄ばんだ歯を綺麗にする方法

正直、老化で黄ばんだ歯は歯科医院でのホワイトニングで歯を白くする方法しか黄ばみを解消する方法はありません。

 

ホワイトニング歯磨き粉を使用しても汚れが落ちてキレイにはなるがそもそもの象牙質の黄ばみには影響を与えられないからです。

 

歯科医院のホワイトニングはエナメル質を白くしていくので象牙質の色は関係なく白くなっていきます。

 

ここでは、さらに一歩踏み込んで老化による歯の黄ばみでどうしよもなくなる前の対策方法をご紹介します。

歯に栄養を与える

まだ象牙質が黄ばみがかる前のときからしっかり歯に栄養を与えておくことが大切です。

 

これはお肌と同じで症状が出る前に対策をしておけばその症状を遅らせることができますし、症状を発生させないこともできます。

 

歯にとっていい栄養素を歯の老化が出る前から摂っておけば歯の老化対策はできます。

歯にとって必要な栄養素

たんぱく質・ビタミンA、ビタミンC、ビタミンD、カルシウム、リン、フッ素などがあるのでこのような栄養素をバランスよく今の内から摂っておくといいでしょう。

 

しっかり栄養素を摂っていれば象牙質もエナメル質もいつまでも若々しく健康でいられるので、老化による黄ばみを未然に防ぐことができます。

まとめ:歯の黄ばみを落とすには毎日のケアが大切

一般的な歯の黄ばみは食べ物や飲み物によって歯にステインが付着して黄ばみになっていきます。

 

つまりステインが歯に付着する前に落とせばいいのです。

 

食事の最後は水を飲むことを心がければ、ステインになる前に汚れをある程度落とすことができます。

 

そして、食後は歯磨きですね。

 

丁寧な歯磨きを心がければ汚れは黄ばみになる前に歯から除去されいつまでも綺麗な歯を保つことができます。

 

歯の健康は習慣が大切です。毎日意識して当たり前にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です