【シンギュラリティ】2045年に起こる人工知能が人間の知能を超える世界

シンギュラリティ a 人工知能が人間の知能を 超える世界

どうも、ゆうやです。

 

シンギュラリティという言葉をご存知ですか?

2045年に起こると言われている新しい世界です。

 

シンギュラリティは人工知能が人間の知能を超えることを意味します。

それによって全く新しい世界が生まれると言われています。

 

今の世界は人間が中心となって世界を作っています。

しかし、シンギュラリティが起こると僕たちの世界はもう人間を中心とした世界ではなくなってしまいます。

 

わかりやすくいうと人間の上に人工知能がくるということです。

 

この記事では、シンギュラリティが起こることで僕たち人間はどんな世界を見ることになるのかについてお話ししていきたいと思います。

 

シンギュラリティとは

シンギュラリティとは、テクノロジーが発達して人工知能が人間の知能を超えることで生活に大きな変化が起こることです。

別名「技術的特異点」といいます。

人工知能の権威「レイ・カーツワイル」が最初に唱えた言葉です。

 

人工知能はもうすでにご存じの方は多いと思います。

AIと呼ばれる学習能力を持った新しい存在です。

 

では、人工知能が人間の知能を超えることとは一体どういうことなのか

いまいちピンとこないですよね。

 

新しい考え方なので出来るだけわかりやすく説明していきます。

 

人間は一度に処理できる情報量に限界があります。

そのため、どうしても成長するのに時間がかかります。

 

人間がこれまで成長してきた経緯を見れば一目瞭然です。

人類の成長

人間は約1億年前に誕生してから現在のレベルに到達するまでに1億年かかっています。

これは、素晴らしいことではあるが、人工知能からすれば時間がかかりすぎていると考えられます。

 

人間は、情報を整理し、それを生かすまでにいろんな経験や失敗をして情報を便利な形に変えてきました。

しかし、人工知能は一度に処理できる情報量は人間とは比べ物にならないくらいの量です。

そして、記憶という概念がないので過去の情報をもとに一瞬で成果を出せる能力を持っています。

人工知能は、人間が1億年かけて手に入れた情報を取り込み、さらにとんでもないスピードで学習します。

つまり、人工知能が人間の知能を超えるということは、ただ人間より賢くなるだけではなく、人間では到達できない世界を作り出すことが可能ということです。

 

シンギュラリティが起これば今の僕たちの常識は常識ではなくなるということです。

新しいテクノロジーがどんどん生まれ、生活もものすごいスピードで変わっていきます。

 

これが、人工知能が人間の知能を超えるシンギュラリティです。

 

 

人工知能の種類

では、シンギュラリティはいきなり僕たちの前に現れるのか?

 

いきなり現れるものではありません。

 

シンギュラリティは一つのポイントにすぎません。

このポイントに向かって段階的に僕たちの生活に溶け込んできます。

 

というより、すでに始まっています。

 

僕たちの生活はすでにインターネットとは切っても切れない関係になっています。

 

スマホがない生活は考えられますか?

知りたいことは本を読んで調べられますか?

 

難しいですよね。

 

実は、シンギュラリティは起こるべくして起こるものなのです。

 

では、人工知能がどのようにして僕たちの生活に溶け込んでいるのか

人工知能には大きく分けて3つの種類・成長段階があります。

 

ANI(Artificial Narrow Intelligence)

Siri

ANIは最も身近にいる人工知能です。

プログラミングされたルールの中で考えて行動するタイプの人工知能です。

 

SiriやPepperなど、現在の人間の生活にプラスαの利便性を与えるための人工知能です。

 

AGI(Artificial General Intelligence)

AGI

AGIは人間と同じくらいの知能レベルです。

 

人間と普通に会話できたり、同じレベルで考えることができます。

現在の人工知能はこのレベルには到達していませんが、2030年にはAGIは僕らの前に現れ始めるでしょう。

AGIの存在によって少しづつ生活に変化が訪れます。

 

代表的なところで、働き方です。

だいたいの仕事は、人工知能に奪われることになるでしょう。

 

ASI(Artificial Super Intelligence)

ASI

ASIの登場によってシンギュラリティはおこります。

いわゆる人口知能の爆発がおこります。

 

全く違う新しい次元に到達します。

 

とんでもないスピードで成長する世界

今まで不可能とされていたことが可能になる世界です。

高度な医療に犯罪率の低下など今の僕らでは考えもつかない世界が待っています。

 

 

人類最後の発明が人工知能

僕たち人間は、今までにたくさんのものを発明してきました。

生活が豊かになるものをたくさん発明することに成功しました。

しかし、ASIの登場により、人間の力だけで何かを発明することはなくなります。

人間より優れた存在が現れたことによって、人間より先に人工知能が新しいものを開発し、発明していきます。

つまり、人間の最後の発明は人工知能になると予想されています。

なんか寂しい気もしますね。

 

 

2045年に起こる世界

これまでシンギュラリティと人工知能についてご紹介してきました。

ここからは、2045年

シンギュラリティが起こったことで実際に僕たちの生活はどのように変わっていくのか

 

ホワイトカラー(サラリーマン)が消える

この説は結構みなさん知っていることだと思います。

 

現在存在している仕事の半分以上はロボット化が進み、人が働く必要がなくなります。

これは、働きたくない人からするとかなりの朗報ですが、かなり深刻な問題です。

仕事がなくなるということは、お金を稼ぐ手段がなくなるということです。

つまり、生活するためのお金が手に入らなくなるという問題です。

 

人類と人工知能の融合

この先人間が生きていくうえで必要になってくることが人工知能と知能との融合です。

シンギュラリティが起これば確実に大きく生活は変わってきます。

その変化に対応するためには人間も同じように進化しなくてはなりません。

都市伝説でよく紹介されていることで有名ですが、今となってはもはや都市伝説ではないようにも思います。

怖いことですが僕は起こりうる未来だと思っています。

 

トランスヒューマニズムという言葉をご存じでしょうか?

 

科学技術を用いて人間をより進化させることです。

脳にマイクチップを埋め込むことで人工知能と意思の疎通を行うことや、体に一部を機械化させるなどいろいろ考えられています。

このトランスヒューマニズムによって人工知能と融合し、仕事や学問は覚えるもではなくなり、インストールするものになっていきます。

体の一部を機械化させることで生身の人間より大きな力を発揮させたりすることができるようになります。

このようにして、人間は生きていくことを強いられます。

 

とても考えられない世界ですが、実際にシンギュラリティが起こればあり得る世界だと僕は思います。

 

まとめ

今回僕がお話ししたことは未来の話です。

 

実際どうなるかわかりませんが、人工知能は確実に人間の知能を超えて独自に進化していくでしょう。

シンギュラリティは確実に起こるものだと思うので、どう生きていくかを真剣に考えてみてください。

 

他にもいろいろ書きたいことがありましたが、かなり長くなってしまうので

また次回詳しく記事にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です