これぞ僕が求めていた秘湯!妙高の山奥にある混浴野天風呂【河原の湯】

妙高の山奥にある混浴野天風呂【河原の湯】

A君

混浴だってぇ〜

どうも、ユウヤです!

まぁまぁそんなに興奮しないでww

ユウヤ

みなさんは秘湯の温泉に行ったことありますか?

 

山奥にひっそりと湧き出る温泉

大自然の中でゆっくり入る温泉

 

日本人なら魅力を感じないわけありませんよね。

 

今回の記事は、これぞ秘湯!混浴野天風呂の燕温泉河原の湯をご紹介させていただきますね。

 

河原の湯は新潟県妙高山の麓にひっそりとある秘湯温泉です。

 

秘湯だけに秘境感は抜群で僕が求めていた秘湯とはまさにこのことでした。

 

そして、なんと言っても無料で入浴できて混浴というのも魅力です。

 

このご時世で男女が同じ温泉に入ることができるなんてロマンですよね。

 

そんな秘湯の河原の湯をしっかりご紹介していきますね。

秘湯!河原の湯ってどんな温泉?

河原の湯

燕温泉河原の湯は新潟県妙高山の麓にある秘境感抜群の秘湯温泉です。

 

ちょっとしたハイキングコース(崖道)みたいな道を

15分〜20分程歩かないと辿り着かない温泉です。

 

乳白色の色をしたお湯は掛け流し野天風呂!

 

無料で入浴することができる知る人ぞ知る秘湯温泉です。

 

お湯の温度は少し低めで40度ないくらでした。

 

河原の湯の最大の特徴は混浴です。

 

正直実際に混浴の温泉があるなんて全く知りませんでした。

 

古谷一行さんの「混浴野天風呂殺人事件」というドラマを見ていて

「ロマンがあるなー」っと思ってたくらいで

このご時世にまだあるなんてビックリでした。

 

効能は、冷え性・切り傷・アトピー性皮膚炎などにいいとされているようです。

 

硫黄の匂いが結構するので硫黄臭が嫌いな人は注意です。

燕温泉とは?

河原の湯は燕温泉という温泉の一つです。

河原の湯の他に黄金の湯という温泉もあります。

ユウヤ

黄金の湯も無料で入ることができ、

河原の湯同様自然に囲まれた温泉です。(混浴ではない)

ではその燕温泉とは一体なんなのでしょうか?

燕温泉という名前は、イワツバメという鳥がたくさん生息していた?からツバメという名前が付けられたみたいですね。

そして、調べて見たらなかなか歴史のある温泉ということがわかりました。

燕温泉は、平安時代初期のころ弘法大師が発見したとされる温泉で

古くから湯治として利用されていたみたいです。

MEMO
湯治とは

温泉地に長期間(少なくとも一週間以上)滞留して特定の疾病の温泉療養を行う行為である

女性必見!「トリプル美人の湯」でお肌ツルツル

トリプル美人の湯という言葉を知っていますか?

 

美人肌に効果的だと言われる

 

硫黄泉・炭酸水素塩泉・硫酸塩泉

 

という泉質があります。

 

トリプル美人の湯とはこれら3つの泉質が揃っている温泉のことです。

 

河原の湯はサラッとした乳白色のお湯で

男の僕ですらお肌のすべすべ感を実感できるほどでした。

MEMO

混浴だから女性の人はあまり来ないのでは?と思っていたのですが、

お湯が非常にいいので結構女性客にも人気で入浴しにきているみたいですよ!

河原の湯に入浴した個人的な感想

河原の湯最高

一言で言えば、河原の湯最高です!

 

秘境感ある雰囲気はまさに僕がイメージした秘湯って感じでした。

 

僕が訪れたときは誰もいない状態で混浴は味わえませんでした涙

 

お湯の温度は少し物足りなかったですが

体の芯までじんわりあったまったのでポカポカ感はありましたよ

 

強いて言えば、硫黄成分がすごいから

夜まで毛穴から硫黄の匂いがほんのり臭うってことくらいかな

 

ちなみに、脱衣所はこんな感じです。

河原の湯脱衣所

脱衣所はちゃんと男女別れていますね。

当たり前だけど、シャワーなんてものはありませんからね

燕温泉河原の湯はどうやっていくの?

無料の駐車場が燕温泉街の入り口にあるので

そこに車やバイクを止めて歩いて行くしかありません。

 

ハイキングコースみたいな道を15分〜20分くらい歩かないと河原の湯には行けないので

歩きやすい靴で行くことをお勧めします。

 

途中に橋があるのでその橋を渡ったすぐを左に折れないといけませんので注意してください。

 

実は、僕は橋を渡っても直進してしまってかなりの山道を歩く羽目になりました。

 

橋を渡る前までは、普通のハイキングコースなのですが

橋以降はかなりの登山道になっているので間違えないようにしてくださいね。

YouTubeに河原の湯に行った時の動画をアップしているので

参考にどんなところなのか確認して見てくださいね

燕温泉河原の湯

住所(駐車場):新潟県妙高市関山6087

駐車場台数:50台

交通アクセス:

トキ鉄・妙高はねうまライン「関山駅」よりバスで28分

上信越自動車道「妙高高原IC」又は「中郷IC」より車で20分

営業期間:

6月上旬~11月上旬 冬季は危険の為閉鎖

HP:妙高観光局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です