プールにサメがいる⁉︎小学校を水族館にしちゃった【むろと廃校水族館】

あなた

え!学校のプールにサメがいるの⁉︎

どうも、ユウヤです!

いい反応ですね!普通にサメが泳いでるよ

ユウヤ

今回の記事は、小学校を水族館にしてしまったむろと廃校水族館をご紹介していきます。

 

小学校が水族館?

一体どういうこと?

水槽はどうしているのか?

どんな雰囲気の水族館なのか?

 

なかなかイメージができませんよね。

 

元々小学校だけあってツッコミどころが満載で

子供はもちろん大人も一緒になって楽しむことができるのがむろと廃校水族館なんです。

 

そんなむろと廃校水族館の見どころをお伝えしたいと思います。

むろと廃校水族館ってどんなところ?

むろと廃校水族館とは

むろと廃校水族館は

2018年4月に高知県室戸市にある小学校をリノベーションして

水族館に生まれ変わらせた全国的に唯一無二の水族館です。

 

その話題性からオープン半年で来館者が10万人を突破するなど

全国からその珍しさを一目見るために足を運ぶ人がたくさんいたようです。

 

学校の造りをおもしろい発想で水族館にしている館内は

思わず笑ってしまうようなものばかりでとてもユニークです。

 

水族館には約50種類1000匹以上の魚を見ることができ、

中でも「クロウミガメ」は全国的にも珍しく

国内でもこの廃校水族館を含め7館でしか見ることができない

大変貴重なウミガメを飼育しています。

開校秘話:市と一人の男のアイデアから生まれた

むろと廃校水族館は室戸市が抱えている問題と

ウミガメ研究員(NPO法人日本ウミガメ協議会)の若月さん(現:むろと廃校水族館の館長)の提案から

生まれた奇跡の水族館なのです。

当時、若月さんは室戸市でウミガメの調査を行っていたそうです。

しかし、室戸市ではウミガメの他に珍しい魚がたくさんいて

その魚たちを標本などにして保管などしていました。

次第に保管スペースなどに困るようになった頃

たまたま、室戸市が廃校になった小学校を地域活性化の為

有効活用できる方法を模索していて、アイデアを募集していたようです。

その募集に若月さんは研究所兼展示施設として水族館を作ろうと提案したところ

その提案が受理されてむろと廃校水族館が誕生したようです。

参考記事:ライフ&ライフ

むろと廃校水族館の見どころ4選

それでは、むろと廃校水族館の見どころをご紹介します。

見どころ1:子供の頃のロマン!プールにサメが泳いでいる!

プールにサメ

子供のころ友達とプールで遊んでいた時に友達を驚かすために

「サメがいる!」

なんて馬鹿みたいな冗談を言い合ったことありませんか?

絶対あり得ないのに言われた方は絶対振り返って確認する無意味なやりとりww

そんなロマンをむろと廃校水族館は実現してしまったのです。

25mの屋外プールにシュモクザメをはじめとした3種類のサメが悠々と泳いでいたり、

他にもウミガメやサバなどたくさんの魚たちをプールで楽しむことができます。

子供達は普段学校で使っているプールにサメが泳いでいたらどんな反応をするのでしょうね。

見どころ2:手洗い場がタッチプールに!

手洗い場のタッチプール

小学校の手洗い場を覚えていますか?

ステンレス製で5人くらい一緒に手を洗うことができる手洗い場です。

蛇口の根本にはネットに入った固形石鹸があったりねww

その手洗い場が水槽になっているからビックリです。

タッチプールは2Fにあり、

ヒトデやナマコ・貝などが飼育されていて触れ合うことができます。

見どころ3:廊下を改装した水槽

むろと廃校水族館廊下

手洗い場のタッチプールを抜けると廊下を改装した大きなきれいな水槽が並んでします。

その水槽にはいろんな魚が泳いでいます。

タカアシガニやウツボなど

ここでもウミガメを見ることができますよ。

見どころ4:理科室が…家庭科室が…

理科室

ここも懐かしポイントです。

学校には絶対ある特別教室もおもしろい発想で水族館らしくなっています。

理科室では、海洋生物の骨模型やホルマリン漬けなどが展示されていて

家庭科室は魚の捌き方などの体験を行うようです。

大人気の名物のぶりくじとは

ぶりくじ

むろと廃校水族館にはぶりくじという名物があります。

 

1回1000円で4等〜特賞のハズレなしくじです。

 

全長90cmの巨大サイズから全長30cmのかわいいサイズのぶりのぬいぐるみが当たります。

 

1回1000円とあまり安くないくじなんですけど

2018年の夏からスタートして現在までに約5万回も引かれている超人気くじなんです!

注目!:5万匹目は金のブリがもらえる!

他に「もさばくじ」や「しゅもくじ」もあるみたいです。

 

記念や思い出にいいですよね。

実は…
僕はこれを完全に見落としていました。

こんな名物があるなんて全く知らずに帰ってきてしまった…

むろと廃校水族館周辺のグルメ

水族館で楽しんだ後はお腹が減りますよね。

 

高知市まで一気に行くのもいいですけど

せっかくなら室戸市のグルメでもいいのではないでようか?

 

食べログのランキング上位3位を参考までにご紹介しておきます。

食べログ1

食べログ2

食べログ3

【感想】工夫の仕方がおもろすぎる!

むろと廃校水族館はとてもおもしろいところでした。

 

小学校の懐かしさも味わうことができ

同時に水族館も一緒に楽しむことができます。

 

なんと言っても25mプールと手洗い場のタッチプールは今でも印象深い光景でした。

 

こんな経験ができるのはむろと廃校水族館だけなので

四国旅行を計画しているならぜひ計画に入れて足を運んでみてください。

 

あと入場料も大人600円子供300円と水族館とは思えない破格の料金!

 

ありがたいですよね。

 

僕は日本一周した時にむろと廃校水族館に訪れました。

その時の様子をyoutubeにアップしているので

よかったら参考までに動画をみてください。

むろと廃校水族館

住所:高知県室戸市室戸岬町533ー2

営業時間:年中無休

9:0018:00(4月~9)9:0017:0010月~3)

入場料:大人600円 子供300円

HP:https://www.city.muroto.kochi.jp/pages/page0343.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です