Google Homeで英会話が学べる!?英語学習するための勉強法とは

Google Homeで 英語学習するための 勉強法

あなた

Google Homeで英会話が学べるってホントに?

学べるならどうやって勉強すればいいの?

Hello,My nema is yuya.

英語は得意ではありませんが、喋れるようになりたいと思っています。

Google Homeで英会話が学べるならうれしくないですか?英語学習できるならどんな方法で学べるのか調べてみました。

ユウヤ

今回の記事は、Google Homeで英会話を学ぶ方法についてどんな方法があるのかを調べてみました。

 

正直、僕自身英語はあまりしゃべれないので喋れるようになるための記事ではなくて、Google Homeで英会話の勉強ができる方法を紹介する内容です。

 

お間違いないようにお願いします。

 

記事の内容に関しては、ちゃんと英語学習サイトなどで調べたので信用できる内容になっていると思います。

 

実際に現在これからご紹介する方法で英会話を勉強中なので、よかったら一緒に勉強してみませんか?ww

 

結果はまたご報告しますね。(【1ヵ月使ってみた感想】2019年7月30日更新予定)

英会話に必要なスキル

英会話スキル

ご存知の方も多いとは思いますが、英会話に必要なスキルは「聴く」「話す」の2つのスキルが必要といわれています。

 

さらに、この2つのスキルに加えて「インプット」と「アウトプット」を行うことがとても重要です。

 

英会話は会話をするためのものなのでインプットだけしても実際には喋れないものなのです。

 

どんどん学んだことを会話してアウトプットすることで英語が話せるようになるみたいですね。

Google Homeが英会話学習に使える理由

なぜGoogle Homeが英会話学習に使えるのかというと、【英会話に必要なスキル】でお伝えした2つのスキルを身につけることができるからです。

 

Google Homeは会話型のスマートスピーカーです。

 

設定を日本語から英語に設定すれば基本的な日常会話の「聴く」と「話す」の練習ができます。

 

さらに、Google Homeに内臓されている様々な機能を使えばより効果的に英会話学習ができることがわかりました。

Google Homeで英会話に必要な2つのスキルを身につける学習方法

それでは、Google Homeで英会話に必要な2つのスキル「聴く」と「話す」を身につける学習方法をご紹介します。

【聴く力(リスニング力)アップ】「ベストティーチャー」を活用する

ベストティーチャー

Google Homeには、オンライン英会話サービス「ベストティーチャー」のリスニングドリス100選が内臓されています。

このリスニングドリル100選を活用してリスニング力を鍛えることができます。

あなた

OK Google!

ベストティーチャーと話す!

とGoogle Homeに呼びかければすぐに利用できるようになっています。

英語で問題が3問読み上げれ、回答は4択から答えるようになっています。

試しに使ってみたところ、ちゃんと問題になっているのでしっかり聞き取らないといけないのでリスニング力は鍛えることができると感じました。

 

【話す力(スピーキング力)アップ】Google Homeの言語設定を英語にする

Google Homeの言語設定を英語にすると英語での音声設定になります。

この設定がなぜスピーキング力アップにつながるのかというと、発音が身につくようです。

英語設定にすると正しい発音しかGoogle Homeは反応してくれません。

ちゃんとした発音で伝えないと反応してくれないのでかなり練習になります。

人との会話だと発音が少し違ってもなんとなく伝わってしまいますが、Google Homeはなんとなく伝わることはほぼほぼありません。

めげずに頑張っていかないといけませんね。

言語設定を英語にする方法

STEP.1
アカウント画面から「その他の設定」を選択

言語設定

STEP.2
アシスタントから「言語」を選択します。

言語設定

STEP.3
アシスタントの言語を「English」を選択してください。(同じEnglishでも地域ごとの英語を選択できます。)

言語設定

MEMO
言語設定を英語にすると日本語版にはないGoogle Homeの機能が使えるようになります。ちゃんと英語が話せるようになったあかつきにはGoogle Homeの機能が拡張するうれしいおまけがついてきます。
注意
言語設定を英語にした状態では「ベストティーチャー」は使えないので言語設定は日本語に戻してから行ってください。

日常生活に英語を取り入れて英語に慣れる

英語を話せるようになるにはたくさん英語に接することが重要と昔英語の先生に教えてもらったのを覚えています。

 

つまり、英語に慣れることも重要です。

 

Google Homeには英語のニュースを読み上げてくれる機能があります。

 

朝や寝る前の時間に聞き流し感覚で英語のシャワーを浴びて英語に慣れることもできます。

 

聴くことのできる番組はABC、BBC、CB5、CNN、FOXなどの英語のニュースを無料で聞くことができます。

 

コツは、全部を聞こうとしせずに単語単語を聞き分けるようにするといいらしいですよ。

英語を聞き取れるようになれば翻訳機能で意味を確認

Google Homeには翻訳機能が搭載されています。

 

英単語を聞き取れるようになれば、あとは意味が分かれば英文の内容がわかります。

 

そんな時はGoogle Homeの翻訳機能を使って英単語の意味を確認していきましょう。

 

わからない単語をそのまま復唱すれば意味を教えてくれます。

 

ちなみに翻訳機能は26ヶ国語に対応しているのでグローバルな人は便利に使えるかもしれません。

対応言語
英語、フランス語、ドイツ語、日本語、ヒンディー語、イタリア語、スペイン語、韓国語、スウェーデン語、ノルウェー語、デンマーク語、オランダ語、チェコ語、フィンランド語、ギリシャ語、ハンガリー語、インドネシア語、北京語、ポーランド語、ルーマニア語、ロシア語、スロバキア語、タイ語、トルコ語、ウクライナ語、ベトナム語

ベストティーチャーでは全然聞き取れない場合

もし、英語が本当に苦手で全くわからないけど喋れるようになりたいと思っているスーパー向上心がある方は、子供用にも用意されている英語学習アプリ「こども英会話」から始めるといいかもしれません。

 

「こども英会話」は、スピードラーニングの学習プロセスをもとに開発されたアプリなのでおすすめしているところも多数ありました。

まとめ

英会話が学べそうなイメージは沸きましたか?

 

もしGoogle Homeで英語が話せるようになればかなり画期的な方法ではないでしょうか。

 

わざわざ英会話教室に通わなくてもいいですし、お金もかけずに英語が学べるなんていいですよね。

 

いろんなサイトにはGoogle Homeでも英会話は学べると書いてあったのでおそらくちゃんと取り組めば学べるのでしょう。

 

毎日少しずつでもいいのでせっかくGoogle Homeが手元にあるなら一緒に有効に使ってみませんか?

 

とりあえず僕はがんばってみます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です